出張撮影の「Mag-Photo」|女性カメラマンが担当する出張撮影

社内報の写真で大切なこと

出張撮影サービス マグフォト

カメラマンの小坂です。

 

撮影や企業研修でお世話になっている太平社さんの雑誌"share"で、

関わっているプロジェクトについて、担当の橋本さんと対談させていただきました。

 

太平社さんとは、社内報に特化した写真の撮り方のワークショップや、企業に出向いてシチュエーション毎の実践型ワークショップ等のプロジェクトをご一緒させていただいています。

 

 

広報ツールの老舗製作会社の太平社さん。

冊子には広告、校正、企画のプロフェッショナルなど、著名な方々の掲載があり、

出来上がりをいただき、驚きました。m(_ _)m

 

 

私は社内報で使用する写真撮影の仕事もしています。

 

ですが、全てプロに撮影してもらう社内報は稀だと思います。

 

社内報担当者や広報担当者が撮影するケースが多いです。

 

長年社内報製作に関わってきた橋本さんがおっしゃっていた言葉「結局は優しさなんですよね。」と。

 

写真のプロではない担当者が必要なことは「優しさ」

 

 

企業によっては、社内報は何千部、何万部、と印刷されます。

企業内、社員とその家族を繋ぐ媒体です。

 

そこに写っている自分の写真が「残念」だったら、どうでしょうか。

光栄なことなのに、恥ずかしい思いをします。

 

仕事をしている様子をかっこよく、その方らしく、撮影されていたら、どうでしょうか。

誇らしいし、家族にもこれが自分の仕事だ、って胸をはると思います。

 

 

社内報の写真でよくあるのが、遠慮した写真だそうです。

 

時間を取らせるのが悪い、指摘するのが悪い、と遠慮して、残念な写真を掲載するケース。

その写真が掲載された時のその方の気持ちを思えば、撮影する時にしっかり撮影するのが一番です。

 

しっかりした写真を撮りたい!かっこよく撮ってあげたい!という思いがあれば、技術はついてきます。

今の時代、写真の撮り方もググればでてきますよね。^^;;

 

社内報の担当になったら、ピックアップされた方がどんな感情になるか、優しさをもって、想像してみてください。