出張撮影の「Mag-Photo」|女性カメラマンが担当する出張撮影

「自分で撮るか依頼するか迷っていました」出張撮影【お客様の声】

宣材写真・店舗出張撮影のマグフォト

 

カメラマンの小坂です。

 

 

 

お客様の声をいただきましたので、掲載させていただきます。

 

「カメラマンを呼ぶまでも無いかなぁどうしようかなぁ」

と悩んでいる新規オープンされる治療家さんの参考になる内容だと思います。

 

 

Kメディカル整体院 代表・総院長 黒木祐太朗

 

①どのような悩みがあってご依頼いただきましたか。

 

初めての撮影だったので、そもそもプロの方に頼むまでなのか?

お金を払って依頼するより自分達で携帯で撮影でも良いのではないかと思っていました。

 

 

②数ある写真撮影サービスのなかでどうしてご依頼いただけましたか。

 

信頼のある先生からの紹介を受けて依頼させていただきました。

 

 

③撮影をしてどうでしたか。

 

小坂さんはとても気さくな方で初対面とは思えない程リラックスして撮影に臨むことが出来ました。

写真もイメージ通りのモノになっていてとても満足しています。

 

 

④撮影依頼を検討されている方へメッセージをお願いします。

 

携帯で撮影をするか迷っていたのが恥ずかしい程、依頼をして良かったと思っています。

ずっと残る物なのでどれだけの金額を出してもお願いする価値があると今回感じました。

【お客様の声】のご協力と掲載の快諾をありがとうございました。

 

お悩みのお応えで

そもそもプロの方に頼むまでなのか?

お金を払って依頼するより自分達で携帯で撮影でも良いのではないかと思っていました。」

 

スマホできれいな写真が撮れるようになった今、そう思う方も多いのだろうな、と思いました。

実際そうしている店舗経営者、起業家の方も多いのではないでしょうか。

 

 

自分で頑張って撮影するのか、プロに頼むのか、

目指している目標によると考えます。

 

分かりやすく飲食店で例えると、

 

高級店のホームページやメニュー写真は、プロが撮影したであろう、キレイな、美味しそうな写真を使用していますよね、

ローカルなお手頃価格のお店は、暗くて、写真では不味そう、、な写真を使用しているところもありますよね。

 

売上げをもっと上げたかったら、暗くて、不味そうな写真を美味しそうな写真に変えることで、

「ここ入ったことないけど、ちょっと入ってみようかな」「こっちも美味しそうだからもう一品食べようかな」

と。とってもシンプルに言うと。

 

 

ホームページやチラシに掲載する写真、ホームページやチラシを作ろう、ということはお客さんを呼びたい写真ですよね。

「集客したい」

その媒体で、お客さんに来てもらいたい、と考えているのに、

第一印象の写真で「却下」されるかもしれません。

 

まだ会ったことの無い、新規のお客さんにとっての第一印象はホームページやチラシの写真です。

 

 

今のままで十分お客さんも来ている、利益も満足、という場合は今のままでOK。

もっとお客さんに来てほしいし、お店の質を高めていきたい、と思う場合はプロにお願いしてみましょう。

 

今回の黒木さんがおっしゃっているように

ずっと残る物なのでどれだけの金額を出してもお願いする価値があると今回感じました。」

 

これからしばらくはずっとお客様の目に触れていくものです。

お客さんにイメージが刷り込まれていく写真です。

 

第一印象がこのままでいいのか、自撮り写真でいいのか、

参考にしてみてください。

 

 

黒木さん、若いですが、治療経験も豊富で志の高い素晴らしい治療家さんです。

施術中の姿、気迫や真剣な表情を撮影させていただきました。

ご縁をありがとうございました。